20年ぶりに大風邪をひいた…。

20年振りに大風邪をひいてしまいました。

インフルエンザが流行っていたので2度検査しましたが、いずれも検出されず、のどの痛みを感じてから早3週間たってようやく落ち着いてきました、

冬季オリンピック開幕と同時に、ドロドロでフラフラの毎日でした、

自宅では私に風邪をうつした母が死んだカエルのようになっており、時折息してるかなと近寄って様子を見に行っていました。

20年近く前父が他界した時、同じく大風邪をひき気管支炎をおこしながら診察を受けた病院へ、数十年振りですけれどと当時の診察券を持って受診しました。

顔なじみの院長先生は数年前に他界し、当時ウチの若先生と言われていた息子が院長先生です。

胆石症を診断していただいていたこともあり、お会いするのを楽しみにして行ったところ、別の先生がいました。

…まさか孫かな?娘婿か?勤務医か?!

病院は増築して大きくなっていましたが、診察券のデザインも当時のままで何の違和感もありません。

待合室も受け付けもまったく同じ。

トイレも換気扇でなく小窓をずらして開閉するタイプで、下駄に履き替えるいわゆる和式便所でした。

寒い!年寄りが倒れるぞ!

診察室は2つに増えましたが、とってもレトロで昭和チック。

今時珍しいくらいです。

面白~い!

3週間治らない風邪に毎週違う薬が処方されましたが、通ってしまいました。

風邪で病院にかかるのは20年振りです。

pikku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です