洋服の好みの変化と年齢

近所のスーパーでネコがプリントされた保育士さんが着用してそうな割烹着を買いました。

 

 

家の中で着るだけなのでデザインはそんなに重視しなかったのですが、4歳の娘に大絶賛されました。何より嬉しいことに「お母さん、若い!」の言葉をもらったんです。

 

 

 

娘にとっての若いの定義はこういう可愛らしい服を着ているかどうかなんだと思います。

 

 

 

私の好きなヒョウ柄の服なんておばあちゃんの服扱いです。誰に教えられるでもないのにそういうイメージが身についているのが不思議です。

 

 

でもヒョウ柄はおばあちゃんじゃなく、おばあちゃんはヒョウの顔が付いた服をを着ているんだよと教えておきました。

 
私も昔はチェックや水玉、リボン大好きだったのにいつのまにか好みが変わるんですよね。

 

 

もうすぐヒョウの顔が付いた服が着たくなるのかもしれませんが、娘の為にもなるべく可愛い服を着てあげようと思います。

pikku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です