宇宙には謎が多いですね…

高速電波バーストと呼ばれる現象があるそうです。この現象は1000分の1秒という短い時間に太陽が1日に放出するエネルギーよりも大きなエネルギーが放出されるそうです。

 
ちなみにこの現象が発見されたのは実は2007年と比較的最近です。やはりまだまだ未知の存在が多くあるでしょうから2000年代であっても発見の連続なんでしょうね。

 

しかも1日に1万回ほどこうした現象が発生しているそうです。よく今まで発見出来なかったなと思いますが観測機器の発達で発見出来たんでしょうね。

 

まだ謎の存在ではあるのですが、1月10日に少しだけ謎を解き明かすのに前進したという研究結果が発表がされたそうです。

 

なんでもとてつもない磁場が発生している場所に由来しているのが分かったとか。

 

とは言ってもまだサンプル数が少なそうですし、完全に分かった訳ではないですからまだまだこれからに期待の研究ですね。

pikku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です