勉強に本当にできるやつら

人間の本質は才能が全てである。これは私が大学に入って大きく感じたことなのです。

 

大学に入学するまでは私は学校のお勉強なんてものは適当にやれば簡単にいい成績も取れましたし、模擬試験の成績も悪くなかったのです。

 

しかし、大学に入って私は愕然としたのです。

 

同じクラスにいる彼、彼女らは頭の構造が全く違うのです。

 

今までは、学校での勉強なんて簡単だと思い込んでいたので、本当に学校の授業がかったるくてしょうがなかったのです。

 

しかし、大学ではそうではないのです。

 

私はこれはまずい。勉強せねばと思い、勉強し始めたのですが、友人たちの勉強するスピードに追いつくどころかどんどん離されていくのです。

 

大学に入って私は始めて自分が勉強に向いていないんじゃないかと気がついたのです。

 

そう、実際に勉強のできる大学の学生というのは天井知らずのできのよさなのです。

 

人づくりは、国づくり。教育再生への取組み始まる~教育再生実行会議 | 首相官邸ホームページではいろんな事をやろうとしています、がそれだったら優秀な人の遺伝子の研究にお金を使った方が良いのでは?と思うぐらいです。

pikku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です