やっと料理が楽しくなってきた?

小さい頃から親は共働きだったので、子供用の料理本を買ってもらったり、母が休みの日には料理をちょっとずつ教わっていました。

 

 

ですので、小学校の高学年の時には既に母の代わりに夕飯を作るということもありましたし、楽しかったのです。

 

 

しかし、成人して、一人暮らしをし始めてからは、自分の為だけに作るのが面倒だと感じ、よくある鍋一つでできるような料理ばかり作っていました。

 

 

そして結婚して久々に料理に専念することになりましたが、今度は義務で作ることにイライラしつつも頑張って毎日料理していました。

 
でも、最近では子供たちが私のごはんを食べて喜ぶ姿や、どんどん料理のレパートリーも意識的に増やしていったら、料理が楽しくなってきたのです。

 

 

この頃はホームパーティで手料理を披露するのも好きなほど、料理にちょっとハマっています。

 

もし、これからさらに料理に楽しさを感じられるようになれば、料理の楽しさ知って 渋川、甘楽の子育て団体 創作絵本使い食育のように食育にも興味を持つかも知れないですね。

pikku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です