最近ですが担々麺に嵌っています。

最近私事ですが担々麺に嵌っています。以前から辛いものは決して嫌いではなかったです。

 

ラーメンも醤油やみそ等様々な物を食べていますが、冬、会社の出張で東京に行った時に某担々麺のお店に行って食べたら病みつきになり担々麺が食べたいと思うようになりました。

 

地元に担々麺をメインに出すお店も見つけて週1で行って食べるようになりました。担々麺を食べると汗も出て体もあったまります。

 

仕事で嫌なことあっても忘れられる。一種のデトックスみたいな感じで食べ終わると清々しくなれる気がするので好きです。

 

 

そのお店には丁度友達とも会えたので色々話し、連絡を取り合って仕事終わりや、休みの日にお店に行って担々麺を食べてトークも楽しんでいます。

 

 

友達の紹介でお店に来る常連さんとも知り合い、最近ですが担々麺の会を結成しました。10名で地元や市外の担々麺を出すお店に行って食べて評論しています。

 

 

担々麺好きの方のマニアックな部分や熱いところもわかり尚且つ嵌っています。お店に行かない時は、自宅で時々ラーメンを作ることもありますが、もちろん作るのは担々麺です。

 

 

意外に簡単そうに見えて手間がかかる。けど食べると美味しい。辛さを上手く調整したり、ネギや野菜も上手く混ぜて食べるといいです。

 

結構明日も頑張るぞという気にさせてくれるパワーフードなんじゃないかなと最近思っています。激辛にするつもりはあまりないですが、自分なりに楽しみ食べてます。

 

 

春には担々麺の会で県外に遠征と称して担々麺を出すラーメン店に行き食べに行く予定です。まだまだ担々麺に嵌る日々が続きそうです。無理せずに堪能していくつもりです。

pikku

自転車が当たりました!

先日、近くの商店街で福引をしていました。ちょうど、近くの薬局で買い物をしていて福引券をもらっていたので三回分回せました。

 

早速、ふくびき会場に向かい、おじさんに三回分と言って福引券を渡しました。まあ、いつもの如くティッシュだろうと思いながら福引を回します。

 

一回目 白 ティッシュ
二回目 白 ティッシュ

 

まぁ、こんなもんだろうと思いながら、おじさんのはい、後一回という言葉とともにラスト一回を回しました。

 

はい、白ーと、思いながら出てくる玉を見てみると緑。緑?ちょっと見たことのない色だったのでおじさんの方を見ました。

 

おー!三等です!おめでとうございます!といってカランカランとベルを鳴らしてくれました。

 

因みに、三等は自転車でした。ちょうど自転車が盗まれてしまっていたので買おうと思っていた矢先だったのでとても嬉しかったです。
赤いマウンテンバイクでそこそこ良いものだったので本当に嬉しかったです。

 

大切に乗っていこうと思います。

 

もちろん、ルールを守ってですけどね。

自転車はルールを守って安全運転~自転車は「車のなかま」~|警察庁

pikku

日常生活で思うこと

私は現在34歳、地方在住の会社員です。私の毎日はとても単調。ただ、この生活につまらなさは感じていない。

上司への不満は多少あるけど、仕事は好きだし、やり甲斐も幾らかは感じている。彼女との結婚も決まり今は結婚式に向けて準備をしている最中。

しかし、結婚が決まってから漠然と将来への不安が募っている。彼女との生活を守らなければいけない責任とか、病気になってしまったらとか、年金生活への不安。などなど、上げていけばきりがないほど増えていく。そこで思い出した。私は根っからの心配性だった。

小学校の通知表にも先生から先のことまで心配してなかなか踏み出せない性格のようですと書かれていたくらい。その心配していることのほとんどが、取り越し苦労終わるんだが、そう簡単に性格は変えられない。

私の祖父もこんなだった。帰省すれば危ないぞ。気をつけろ。それで姉はよく怒られていた。当然私は危ないことなどしない。でもこれで良い。これも私。自分なりのやり方でこれからも生きていくしかないのだから。

pikku

シェアハウスデビュー?

毎日朝早く起きて仕事に行って、必死に働いて、夜遅くに帰ってくる。

家は寝るためだけのもので、休日も友達とか彼氏とかと出かけるから結局家にはほぼいません。せっかく2LDKのアパートに住んでいるのに、なんだかもったいないな?と思っていました。

今日、そんな話を同僚にしていると、「いっそのことシェアハウスにすれば良いんじゃない?」というアイデアが出てきました。

シェアハウスにすれば単純に家賃は折半できるし、光熱費も水道代も折半、しかも掃除なども分担することができるので良いかも!と思ったのです。

でも、いざシェアハウスと言っても誰と住もうか、彼氏でもいいけど、彼氏だとシェアハウスって言うよりも同棲だからなんだかちょっとイメージと違うような…。でも、シェアハウスって楽しそう!これから情報集めてシェアハウスデビューしちゃおうかなと思います!

pikku

20年ぶりに大風邪をひいた…。

20年振りに大風邪をひいてしまいました。

インフルエンザが流行っていたので2度検査しましたが、いずれも検出されず、のどの痛みを感じてから早3週間たってようやく落ち着いてきました、

冬季オリンピック開幕と同時に、ドロドロでフラフラの毎日でした、

自宅では私に風邪をうつした母が死んだカエルのようになっており、時折息してるかなと近寄って様子を見に行っていました。

20年近く前父が他界した時、同じく大風邪をひき気管支炎をおこしながら診察を受けた病院へ、数十年振りですけれどと当時の診察券を持って受診しました。

顔なじみの院長先生は数年前に他界し、当時ウチの若先生と言われていた息子が院長先生です。

胆石症を診断していただいていたこともあり、お会いするのを楽しみにして行ったところ、別の先生がいました。

…まさか孫かな?娘婿か?勤務医か?!

病院は増築して大きくなっていましたが、診察券のデザインも当時のままで何の違和感もありません。

待合室も受け付けもまったく同じ。

トイレも換気扇でなく小窓をずらして開閉するタイプで、下駄に履き替えるいわゆる和式便所でした。

寒い!年寄りが倒れるぞ!

診察室は2つに増えましたが、とってもレトロで昭和チック。

今時珍しいくらいです。

面白~い!

3週間治らない風邪に毎週違う薬が処方されましたが、通ってしまいました。

風邪で病院にかかるのは20年振りです。

pikku

子ども番組ばかり見過ぎて

アンパンマンの手遊び歌のDVDが大好きな2歳の娘。
喋るのが遅くてまだ一言二言しか喋れないけど、DVDに出てくる歌をよく口ずさんでいます。

 

今のお気に入りは「グーチョキパーでグーチョキパーで何つくろう」

 

「ぐーおーぱーえ くーおーぱーえ にょんにんおー」って

 

何言ってるか分からないけどリズムと音程はしっかりしてる。

 

まだチョキができないので、カタツムリはグーとグーです(笑)

 

子供が産まれてから、Eテレやアンパンマンみたいな子ども番組ばっかり。

 

歌も次々に出てくるから気付いたら子供の歌を口ずさんでる私。

 

今日も朝から「おかあさんといっしょ」の歌が口から自然と。

 

この前本当に久しぶりにMステを見てとっても新鮮な気持ちになりました。

 

家○レオさん、最近見ないと思ってたのは勘違いで私がテレビを見てないからだね(笑)

 

そう言えば、好きな音楽や歌手を聞かれても特に思いつかないな~~

pikku

眞子さま結婚延期

こんばんはです
今日はI日お休みだったので家でゆっくりしました。

 

特に何もやることなくダラダラでした。

 
たまにはこんな感じもありかもしれないですね。
ところで今週もニュースがあったI週間でしたね?

 

僕が一番印象に残ったのはやっぱりにな眞子さま結婚延期ったことが一番びっくりしました。
あんまりすることがないらしいので不思議で仕方ないですが僕の予想ではやっぱり週刊誌の記事の問題が一番あると思いますが関係者はその報道は完全に否定していますが果たして真相どうなのかってニュースを見た時に思いました!(*^ω^*)

 

まぁこれは全て自分の意見に過ぎないからなんとも言えないしただの推測に過ぎない…まぁでもなんで2年も延期にする必要がわからないのはやっぱりあるけど。

 

とりあえずそろそろこの辺で終わります!

 

また時間があれば書きます!!

pikku

AIの発達で将来はどんな世界になるのだろう

AIという言葉が一般的に知られるようになりました。
40代の私にとっては、最近の技術進歩には付いていくのが精一杯ですが、AIについて考えてみました。

 

すでに介護の世界などでロボットが活躍していますが、今後はAIの発達で人間の役割はどんどん少なくなっていくような気がしてなりません。

 

ロボットは疲れも知らず、人間のような勘違いもありません。とても便利で効率のよい世界がやって来るのは喜ばしいことですが、ロボットの活躍が広がりすぎると人間の活躍の場が少なくなってしまうのではないかと心配です。

 

ロボットに任せっきりの世界が来たら、人間同士の心の繋がりがなくなり無機質な生活になってしまいます。

 

技術の進歩は日常生活を大きく変えてくれ、ネットに代表されるように世界を広げてくれます。

 

反面、人間同士の直接的な関わりが薄くなり、コミュニケーション能力の低下に繋がるように思います。

 

両方のバランスを維持するのは難しいことだと思いました。

pikku

一念発起、引っ越し計画稼働中

人生の一大イベントの一つが、お引越し。私もこれまで何度か引っ越しというものを経験してきて、本っ当にいろんな意味大きいイベントだと思う(笑)。
そんな大きな計画が今回再発動したのは、夫の体調が日々の通勤に堪えてきたことが主な理由だ。

 

毎朝早朝に起きて、私も朝ご飯支度など一緒に夫の出勤フォローをしてきたとはいえ、それでも夫自身やっぱりあの距離を日々往復するのはさすがにしんどさを覚えているとのこと。

 

改めてそのシンドイお話しを聞くと、妻としてはやっぱり痛々しい思いがする。夫本人も会社の中では一番遠方から来ているメンバーが自分だと言っていたし。夫には何より健康を第一に、無理なく元気でいてほしいものね。

 
ということでこの際なので一念発起し、一大ライフイベントの引っ越しの話しが持ち上がっていろいろと周辺住宅情報を調べている。

 

 

夫の会社の近くであるほど、立地としてはいい条件ということになる。いろいろと新しい土地や住居での夢を膨らませつつ、手続き的なことの腹括りもひっくるめてこのイベントに臨む私たちだった。

pikku

仕事に対する思い

私は、今の職場に入社し10年になります。

 
異動がある職場ですが、昨年の4月に7年ぶりに異動になりました。

 
異動する前は田舎の職場でしたが、移動後は都会の支店に異動になりました。

 
異動してから仕事に対する考えが変わりました。身だしなみにも気を使うようになりましたし、新しい職場の雰囲気も別世界のようでした。

 
新しい部署につき今まで知らなかった事も学ぶ事ができ、もっと勉強したいと思うようになりました。

 
資格試験にも積極的に挑戦したいと思うようになりました。

 
何事もですが、周りの雰囲気や環境によって人の考え方も変わりますし育ちか方も変わってくると思います。

 
適材適所と言葉がありますが、まさにその通りだと思います。

 
私は一期一会とゆう言葉が好きですが、これから先も一つ一つの出会いを大切にし周りの人達に感謝していきたいと思います。

pikku